みっちゃん流 子育ての記録

2人の娘を無事に成人させたママの頑張らない子育てのススメ

戌の日の帯祝いと安産祈願【腹帯】令和生まれの赤ちゃんとママへ

こんにちは。

新元号「令和」となりましたね。

5月から生まれてくるお子さんは、令和生まれですね。

新しい年に生まれてくる命、何だか新鮮さを感じます。

もちろん、私からしたら平成生まれも充分新鮮ですが。(≧∀≦)

 

今日は妊娠の安定期に入った頃のお話をしたいと思います。

 

腹帯

私は妊娠5ヶ月頃の安定期に入った頃に、腹帯をいただきに中山寺というお寺へ行きました。

 

腹帯とは、妊婦さんのお腹が少しずつ出てきた頃に、お腹に巻くものです。

背中や腰への負担を軽くしたり、下腹部を冷えから守る効果があるとされています。

必ずしも、ずっと着けていないといけないものではありません。

体に負担がない程度に着用しましょう。

 

*現在では、お腹に負担がかかるので巻かなくても良いという考えもあるようです。

 

腹帯は神社やお寺でいただく他、自分で購入することもできます。

今は、さらしタイプ以外にも腹巻タイプ、ガードルタイプ、パンツタイプ、ベルトタイプなどいろいろな種類があるようです。

自分の生活や使いやすさによって、選んでみてもいいですね。

 

戌の日

戌の日とは、十二支の戌に当たる日のことです。

お産が軽く、たくさんの赤ちゃんを産むことができる犬にあやかって、妊娠5ヶ月目の戌の日に帯祝いをする習慣があります。

 

今から1番近い戌の日は4月7日、大安の日です。

また、4月19日も戌の日となっています。(2019年)

ちなみに5月は1日(水)大安、13日(月)赤口、25日(土)赤口となっています。

 

帯祝い「岩田帯」

帯祝いの時に巻くさらしの形態は「岩田帯」とも呼ばれています。

昔から、妊婦さんの実家が用意するしきたりになっています。

 

安産祈願

そして、安産祈願をして腹帯をいただくこともできます。

 

中山寺

関西だと兵庫県宝塚市の中山寺へ、安産祈願と共に腹帯をいただきに行くことが多いです。

 

大本山 中山寺|安産祈願・子授祈願|兵庫県宝塚市

 

予約の必要はありません。

 

今度の4月7日の大安、戌の日は日曜日ですし、たくさんの人が訪れそうですね。

でも、特に戌の日にこだわらずに、安定期に入った体調の良い時に、お参りしても大丈夫とのことです。

 

私は

私も安定期に入ると、母が当たり前のように、「中山さんに腹帯をもらいに行く。」と言い、母と一緒に安産祈願も兼ねてお参りに行きました。

 

2回目の妊娠の時も、中山寺で腹帯をいただいています。

 

そして、実際に使ってもいましたが、さすがに臨月も近づくと苦しくて、腹帯はしていなかったように思いますが、毎日腹帯を巻くことで、安心感を得られていたような気がします。

 

また、今後娘たちに赤ちゃんが授かることがあれば、やっぱり中山寺にお参りに行きたいと思います。

 

最後に、妊婦さんへ

今、妊婦さんの方、赤ちゃんの誕生が待ち遠しいですね。(^^)

赤ちゃんが生まれたら、ママはしばらくは自分の時間もなくなります。

是非、今のうちに出来る範囲で好きなことをして、自分をいたわってあげてください。

 

つわりでしんどい方もいるでしょう。

お腹の中で、赤ちゃんが頑張って育とうとしている証拠です。

大変でしょうが、休めるときは休んで、無理せずゆっくりしてくださいね。

 

ここ最近はまた寒さが戻った日々ですが、これが過ぎると一気に暖かくなるそうです。

お腹の中の赤ちゃんと春の季節を感じてくださいね。

 

春を感じる

 

子どもの名前の決め方【自由に決めても大丈夫】親が子どもに願う幸せの気持ちは同じ

こんにちは。

 

今日は、2019年3月31日、いよいよ明日は新しい元号が発表となりますね。

どんな名前になるのでしょう。

世間では「安」が付くとか付かないとか言われていますが、一体どうやって決めているのでしょうね。

それは専門の方にお任せするとして、今日は子どもの名前の決め方について、お話してみたいと思います。 

 

 

子どもの名前

名前の決め方

お子さんの誕生を楽しみに待ちながら、あれこれと名前を考えるのも妊娠中の楽しい時間です。

事前に性別がわかったら、より名前も考えやすくなりますね。

中には、どちらの性別でも大丈夫な名前を考える方もいます。

 

子どもの名前の決め方として、パッと思い当たるのは

  1. 字画で決める
  2. 姓名判断で決める
  3. 自由に決める

といったところでしょうか。

 

私の周りでは、今も昔も、わりと字画を気にしていろいろ調べて名前を決められる方が多いように思います。

 

私が妊娠した頃は、インターネットが普及していませんでしたので、直接、鑑定士さんに診断してもらうか、本や雑誌で自分で調べるか、でした。

 

今では、インターネットがあるので簡単にウェブサイトを利用する方も多いようです。

 

でも、女の子なら将来、結婚したら名字が変わりますよね。

そうしたら、字画も変わってしまいます。

そして、実際ウェブサイトの姓名判断では、その結果の内容もまちまちだったりすることもあるようです。

 

でも、それでもそういった診断を利用されるのは、やはり子どもさんの将来が心配だから、またはできるだけ幸せになってもらいたい、という親ごさんの思いがあるからだと思います。

子どもの幸せを願う

 

私たちの子どもの名前

では、私達夫婦はどうやって2人の子どもの名前を決めたかというと、3番の「自由に決めた」です。

でもきちんと、それぞれに「こういう人に育って欲しい。」という思いを持ってつけました。

多分、親ごさんはみんなそういう思いを持ってつけられることでしょう。

意味なく、名前を付ける人はいないと思います。

 

ただ、私達は字画や姓名判断は全く気にしなかっただけです。

 

でも、名前をフルネームで書いた時のバランスを考えて、名前にあてる漢字は決めました

それと、口に出した時の音の響きも大事かと思います。

 

自由に決めた結果

字画や姓名判断を気にせずに名前を決め、2人の娘を育ててきましたが、大病をすることなく、(風邪さえめったにひかず)不幸に見舞われることもなく、無事に成人しました。

 

私たちの望み通りに育ってくれたかどうかは???ですが、そうそう親の思い通りになんていかないものです。

もちろん、これまでずっと何の問題もなかったわけではありません。

でも、ひとつひとつ解決してこれたのですから、親も子どもと一緒に成長している気もします。

 

最後に

子どもの名前を決めるのは親ごさんです。

私は字画や姓名判断を利用するのも悪くないと思います。

だって、それは子どもさんの幸せを願っている気持ちがあるから

気にするなら、とことん気にして決めてもいいと思います。

 

そして、大きくなった子どもさんに「こういう気持ちでこの名前にしたのよ。」と伝えてあげてくださいね。

はじめての妊娠【妊娠中の過ごし方】マタニティスイミングや私の経験したこと

こんにちは。

 

タイトルを見てこのブログを読みに来てくださったということは、今、妊娠中の方でしょうか?

おめでとうございます。

赤ちゃんの誕生が待ち遠しいですね。

今回は、妊娠中の過ごし方について書きたいと思います。

はじめての妊娠 妊娠中の過ごし方

 

 

結婚

まず、私の記録からになりますが、

私は25歳で結婚しました。

仕事も結婚を機に円満退職しまして、憧れの専業主婦になりました。

それまでは全く家事や料理は母に頼りっぱなしでしたので、結婚後いろいろ恥ずかしい失敗もしました。

でも、こうして母親業がやれているのですからね、何とかなるものです。

 

当初の予定は

本当は結婚して2年位は夫婦でのんびり楽しんで・・・と思っていたのですが、

私の実家の近くに住んでいた弟夫婦に先に子どもが生まれたのです。

私の両親にしては初孫です。

私も初の姪っ子というのがこれほど可愛いものなのかと初めて知りました。

もう姪っ子の顔を見るのが楽しみで、しょっちゅう訪れていました。

義妹もそれを嫌がらず、いつもニコニコと迎えてくれていたのですから、なんて寛大だったのでしょうね。

もちろん、私の主人も姪がかわいくて仕方がなかったようです。

姪っ子でこんなにかわいいのだから、自分の子はどんなにかわいいのだろう、と心おどる気持ちでした

そして、夫婦で「すぐにでも私たちも子どもが欲しい!」と妊娠を望みました。

 

はじめての妊娠 

待望の赤ちゃんを授かりました。

それはそれは、喜びでいっぱいでした。

マタニティ雑誌を読んでは、赤ちゃんの誕生を待ち望み、マタニティノートを書いたり、生まれてくる子のベストやおくるみなどを手編みでせっせと作っていました。

 

産院

産院は義妹も通い、出産した産婦人科医院にしました。

私の母や義妹も気に入っていてすすめてくれていましたから、他を探すことなくその産院を選びました。

当時(20年くらい前)主流となりつつあったソフロロジー式分娩の産院でした。

*出産についてはまた改めて書きたいと思います。。

 

母親教室も実施してくれていたので参加しました。

清潔感あるきれいな産院でしたので、人気でしたね。

 

妊娠中の食事

赤ちゃんに栄養は必要だけど、太りすぎてはいけないと聞き、食事には気をつけました。

毎日18時には夕食を終えて、夜遅くには食べないように気をつけたし、1日に摂取する食品の数を多くしたりしていました。

 

はじめての子だから、と気も張っていたのだと思います。

2人目の子のときは、もっと毎日がバタバタでしたし、食事もそこまで気を使っていなかったと思います。

 

マタニティスイミング

妊娠安定期に入った頃に、マタニティスイミングに通いはじめました。

太り過ぎの予防のためと、お産が楽になるかな?という気持ちからでした。

 

マタニティスイミングと聞いたら、ゆったり水に入って、ぷかぷか浮かんで・・・というイメージを持たれそうですが、結構本気で泳ぎます。

バタ足、クロール、背泳ぎ、バタフライまで。

 

もともと、泳ぎが得意でない私は、毎回ハァハァ言っていましたが、それでも楽しかったです。(;´Д`)

 

マタニティスイミングの効果

マタニティスイミングの効果としてはむくみや腰痛などのケア、ストレスをケアしてリラックスできる、ママ友とのコミュニケーションの場となる、などがあります。

 

私も、毎回、同じ顔なじみの同年代のママたちとのクラスでしたので、相談もできたり、スイミングのあとにご飯を食べながらおしゃべりを楽しむこともできました

 

体重管理のためにスイミングに行ったのに、その後でマクド(マクドナルド)のハンバーガーを食べたりしていたのですから、何のために行ってるやら?って感じですが、たまにはこういう息抜きも必要ですよね!? 

 

お産が楽になったのかどうかは、正直よくわからなかったですが、一つのいい経験になりました。

マタニティアクア

マタニティアクアはマタニティスイミングのように泳ぎメインでなく、こちらは音楽に合わせて水中で体を動かしたりする内容です。

 

つらかったこと

妊娠中につらかったことは、眠いのに夜、寝れない。」ということでした。

これは産院の先生にも聞きましたが「生理が止まってホルモンバランスがくずれているから。」と言われました。

妊娠中は仕方のないことのようです。

特に妊娠後期は、昼寝を我慢しているにもかかわらず、夜になり「今、眠い!今、寝よう!」と布団に入るのに、寝つくのに3、4時間くらいかかっていました。

 

まだ、私は専業主婦でしたからよかったですが、お仕事をされている方はその症状があるとつらいと思います。

周りの方が理解してくださるといいですね。

そして、無理せずお昼休みや休憩中にでもゆっくりさせてもらってください。

 

夫婦で旅行

赤ちゃんが生まれたら、そうそう旅行には行けない、と思い、もしかしたら最後になるかもしれない夫婦2人旅をしました。

妊娠7ヶ月目の5月に伊豆高原へ2泊3日の旅行でした。

 

その後、やっぱり夫婦だけで日帰りで出かけることはあっても、1泊以上の旅行はまだできていないです。

 

妊娠中の方、赤ちゃんが生まれる前にゆっくり旅行に行かれるのもおすすめです。

 

出産

出産は8月でした。

  

子どもの名前はどうやって決めたのか?

2人目の出産もその産院を選んだのか?

など、今後も記録していきたいと思います。

 

2019.4.21追記

子供の名前を決めた記事はこちらです。

よければ、読んでみてください。(*^^*)

 

www.micchan-mama.work

 

 

子育てを終えた主婦の日記【頑張らない子育てのススメ】育児中のママへのメッセージ

こんにちは。

そしてはじめまして。

3月ももう終わりに近づいてきましたが、もうすぐ新生活のはじまりですね。

入園、入学される方、おめでとうございます。

そして、そんなお子さんの成長を見守り、あたたかく育ててきたお母さん、おめでとうございます。

少し一段落されたのではないですか?

 

このブログ「みっちゃん流 子育ての記録」は、私の子育ての体験談です。

それと子育て中のママたちに向けたメッセージにもなるといいなと思っています。

新生活

 

 

自己紹介

まずは自己紹介しますね。

家族構成

大阪で夫1人、娘2人、猫3匹と暮らしています。

 

今年、次女が無事に20歳の成人式をすませまして、2人の娘とも成人しました。

長女は22歳、先週末に大学を卒業しまして、この春から社会人です。

 

次女は20歳、大学2回生です。

今は春休みなので、アルバイトをしながらぐーたらな生活を送っています。

 

猫も紹介していいですか?

大事な家族ですから。

上から9歳、8歳、7歳です。

みんな保護猫です。

 

2人の娘が無事に成人

次女が無事に成人しまして、私も本当に肩の荷が降りてほっとしました。

とはいえ、まだ大学生なのですが、あとはあまり干渉もせず、自分のことは自分で決めて進んでいって欲しいと思っています。

 

22年間の子育て

長女が生まれて22年間子育てをしてきましたが、思えばマイペースでよくここまで来たな、という思いです。

本当に、子育てはあっという間。

そして、その記録をブログに残したいなという気持ちと、もしかしたら今、子育て中のママの参考になることがあるかな?と思ったのです。

 

マイペースな子育て

子育ては、あまり周りに流されず、自分たちの希望や考えでしてきました。

私の両親は、子どもたちが小さい時になくなりましたし、主人の両親も少し離れていましたので、幼稚園の時からは「親に頼る」ということができませんでした。

この時期、1番相談にのって欲しいのは自分の母でしたが、それができなかったのは正直、つらく悲しかったです。

それでも何とかやってこれたのは、夫婦で協力し合ったことと、私の弟夫婦や近所のママ友がいてくれたからだと思っています。

 

子育ての情報

子育て中のママの参考になれば、と先に書きましたが、私の子どもが小さかったのは、もう20年くらいも前。

インターネットの普及もまだまだで、スマホもなかった時代です。

今なら、ネットで調べればいくらでも情報は得られます。

 

でも、私自身が本当に子育てを経験して、普通に2人の娘を育てられたという事実は間違いないのだから、そのいろいろな経験を紹介してみようと思ったのです。

 

みっちゃん流

私のあだ名がみっちゃんなので、このブログのタイトルにもしました。

(いい大人ですが  ^^;)

何が、みっちゃん流?と思うでしょうが、いろいろ自己流でしてきたことも多いです。

育児書通りにいかないことも多いですし。

それは、これから徐々に紹介していく予定ですが、え?と驚かないでくださいね。

これで、何も困ることなくここまで来れたのですから。

もちろん、親子げんかは何度もしてきました。

でも、大学生になった娘たちとのふたり旅、3人旅もしていますし、日帰りで一緒に出かけることも多いです。

 

あ、ただお受験に関しては一切アドバイスできません!

高校受験からしか経験していませんので。

あと、娘しかいないので男の子のことは分からないこともあります。

 

子育ての不安

子育て中は「この大変さ、いつ終わるんだろう。」と不安になることもあると思います。

私も1人目のときは、わからないことだらけで、子どもと一緒に何度も泣きそうになりました。

個人差もあるでしょうが、私の場合は赤ちゃんを育てる大変さは1年くらいで少し落ち着きました。

なので、2人目の時は、「1年間は大変だけど、そのあと必ず少し楽になる。」と信じて毎日過ごしていました。

正直、2人目の次女の時のほうが、長女もいるし、いろいろ大変だったのですが、あれやこれやと試しては、がむしゃらに子育てしていました。

 

もちろん、大変なのは赤ちゃんの時期だけではありません。

いくつになっても、その年齢の悩みはつきものです。

でも、必ず解決できます

私も今から思えば、「あの時こうしてあげればよかったな。」「あの時、別に叱らなくてもよかったな。」と思うことがあります。

でも、当時は必死でした。

 

一緒に楽しむ

子育てをのんびり楽しむくらいで丁度いいと思います。

子育て、あっという間です。

ママも一緒に"今”を大事に楽しく生きてください

楽しい思い出を作っていきましょう。(*^^*)