みつママ ライフ

ていねいな暮らしを心がけて、自分らしく楽しく生きたい

油は身体に悪い?いい油とは?節約より気をつけたい大事なこと

料理に使う油、身体にいい油と悪い油があるのを知っていますか?私はその情報を知ってから、油には気をつけるようになりました。この記事は、料理に使う油について書いています。毎日、使って口にする油のことを知って、ちょっとだけ気をつけてみませんか?

子どもの手伝いが邪魔?何才からできる?メリットに大事なポイント

子どもさんに手伝いをさせていますか?親がした方が早いからと、手伝うことをさせないでいるよりも、時間がかかっても少しずつお手伝いをしてもらいましょう。小さい頃からできるお手伝いとメリットについて書いています。

家族団らんを楽しむ方法?家族でしたいおすすめのこととメリット

もともと育った家が、家族団らんがなかったから、どういったものが家族団らんなのかわからない。結婚したら、新しい家庭では家族団らんが普通にできるようにしたい。 そんな風に考えていますか? 難しく考える必要はありません。 また、家族団らんをすること…

水泳を習うなら早い方がいい?小学校のプールが嫌だった私の子ども

昔の話になりますが、私の娘は小学校のプールの授業が苦手でした。とくに、水が怖いというわけではなく、プールは好きなのですが、長い距離を泳げなかったのです。 母親の私は、思いました。 幼稚園の時にまわりのお友達と一緒に、プールを習いに行かせてお…

使うタオルの買い替え時を決める!縫わずに切るだけの使い捨ての雑巾へ

毎日使うタオル、フェイスタオルにキッチンやトイレのタオルにバスタオル。 買い換える時期を決めていますか? そう言えば、あまり気にしないでずっと使っているな~。 という方は、要チェックです! 使おうと思ったら、いつまでも使えそうなタオルですが、…

寄せ鍋のシメの雑炊は栄養満点フード!積極的に子どもに食べさせたい

今の寒い時期には、よくお鍋料理もすると思います。 お母さんにとっても作るのも楽ですし。家族も喜ぶ一品ではないですか? 温まりますし、お肉も野菜もたっぷり食べれますしね。 食べすぎてしまうのが難点ですが・・・。 そんなお鍋料理ですが、そのあとの…

子どもとの遊びに折り紙をしよう!親も一緒に楽しんでメリットも得られる

子どもと一緒に家にいる時間をどう過ごそうか?何をして遊ぼうか? そう、ちょっと悩むことはありますか? では、子どもさんと折り紙をされたことはありますか? まだされたことがないのなら、ぜひ折り紙をしてみてください。 また、今の折り紙ってすごいん…

子どもの寝かしつけに朗読もおすすめ!Amazonオーディブルを体験してみよう

子どもさんの寝かしつけに、絵本を読んであげることは多いと思います。それでも、なかなか寝てくれない時に、違う人に本を読んでもらう方法を試してみませんか?Amazonオーディブルで本をダウンロードして聴くことができます。今なら無料で聴けるので、どん…

子どもと過ごす夏休みにおすすめは?モノ作りにパズルに思い出づくり

子どもと過ごす長い夏休みを楽しく過ごせるように、計画を立ててみましょう。そして、できればいろいろと参加してみましょう。また、モノ作りや工作はおすすめですし、退屈しないようにクロスワードパズルやジグゾーパズルはどうですか?そして、楽しい思い…

出産記念に自分へのプレゼントもあり!メモリアルベアは記録にもなる

赤ちゃんを出産したら、頑張ったママは自分へもプレゼントをしませんか?想い出と記念に作れるものにメモリアルベアがあります。私も2人の子どもたちが生まれた時に作りました。赤ちゃんが誕生した時と同じ体重、同じ身長で作ってくれるティディベアを紹介し…

子どもが充分に遊べるところがない!お休みの日は無料の広場で遊ぼう!

こんにちは。 10連休、どのように過ごされましたか? 子どもさんと一緒に楽しめましたか? 連休中もご主人はお仕事、という方もいらっしゃるでしょうね。 1日くらいは遊びに行けたでしょうか? 今日は幼稚園や小学生の子どもさんがいるご家庭のお休みの日の…

赤ちゃんのお出かけはおんぶ?抱っこ?特徴と体験談にメリットとデメリット

赤ちゃんと一緒のお出かけはおんぶですか?抱っこですか?それぞれにメリット、デメリットがありますよね。おんぶをするシーンと抱っこひもを使うシーンを考えてみました。

妊娠中をリラックスして過ごしたい!マタニティノートで赤ちゃんを迎える準備

妊娠中をリラックスして過ごせるいくつかの方法を紹介します。まず、マタニティノートをつけてみませんか?妊娠中の赤ちゃんの記録に、ママの気持ちも書いておけます。そして、赤ちゃんが生まれるまでにやっておきたいことをリストにしてみましょう。

2歳児のイヤイヤが辛い!対処法は?永遠には続かないから大丈夫

ちょうど子どもさんが2歳という方、しんどい時期かもしれませんね。 私の子どもが小さかったときも、よく使われた魔の2歳児という言葉。 本当に、私の娘たちにもそんな時期がありました。 親のほうが泣きそうになる時ありますね。 いったい、いつまでこの「…

子ども用の貯金をコツコツ貯める方法!生まれたらしたい2つのこと

子どもの将来にかかる費用、早くから少しずつ準備しておきたいですよね。 今は小さい頃から、習い事や塾などでも出費が多いかもしれません。 でも、やはり1番お金が出ていく時は、大学に進学する時ではないでしょうか? 私には、成人した娘が2人います。 1…