みつママ ライフ

ていねいな暮らしを心がけて、自分らしく楽しく生きたい

子守をスマホにさせていませんか?子どもと遊ぶおもちゃに方法

子どもさんに、保護者の方のスマホを渡して見させている光景をたまに見かけます。

ちょっとの間の待ち時間や、お父さんが子守をしている時だったりします。

少しの間だけでしょうが、一度スマホを渡してその面白さを知っていしまうと、また「スマホを貸して。」とねだられます。

 

できれば、スマホは小さい子どもさんには渡さないで欲しいです。

クセになってしまうからです。

いずれ、スマホを使う時が来るのでしょうが、遅ければ遅いほどいいと思います。

 

小さい子がスマホを使って心配な点と、他のもので子守をしてみましょうと言うお話をしたいと思います。

 

 

子守をスマホにさせていませんか?

子守はスマホ?

最近の子どもさんを見ていると、早くからお母さんのスマホを1人で見ている子が多い気がします。

 

まだ、ゲームで遊べない小さい子どもでも、動画が面白いのか、好きなキャラクターやアニメの映像が楽しいのか、じっとスマホの画面に釘づけです。

 

ちょっとの間ならまだしも、あの小さな画面を集中して見ている子どもを見ると、心配になります。 

早くから、視力が悪くならないかって。

 

子供の視力が悪くなった原因

これは私の子育ての経験談です。

私の長女が小学生1、2年の時にたまごっちが流行りました。

お友達も持っていたし、世間で大流行。

 

また、娘たちのお友達は、ゲーム機(当時人気のゲームボーイやDS)を持っている子も多かったですが、我が家にはゲーム機はありませんでした。

だから、たまごっちくらいはいいか、と思って買ってあげたのですが、翌年の視力検診でひっかかってしまいました。

 

視力の低下に後悔

それまで視力はよかったのにです。

 

たまごっちをさせたからだ、とすぐ思いました。

もちろん、たまごっちや携帯ゲームをしていても、視力が落ちない子もいます。

個人差もあるでしょう。

でも、我が家は娘が2人とも同じように視力が落ちたので、たまごっちの影響が大きかったことは間違いないと思うのです。

 

後悔しましたが、もう後の祭りです。

メガネを作ることになってしまいました。

 

私自身が子どもの時から視力が悪く、今でもコンタクトがないとよく見えないので、娘たちには同じ思いはさせたくないと思っていたのに…。

 

ですから、できるだけ小さいお子さんにはスマホを見させないであげて欲しいと思います。

一度させると癖になるし、それも子どもにとっては当たり前になってしまうので、あとから我慢させようと思ってもなかなかそうはいきません。

 

小さい子にスマホを見せる理由

お母さんも何も理由がないのに、スマホを見せているわけではないですよね。

 

小さいお子さんにスマホを見せている時は「待たせている時」だと思います。

 

私が見かけるシーンでは

  • 外でお母さんが用事をしている時に、待っている子どもがイスに座ってスマホを見ている。
  • 電車の中でぐずらないように、ベビーカーに乗っているお子さんがスマホを見ている。

数分ならまだしも、1時間くらいじっと見ている子もいます。

 

お母さんの気持ちはよく分かります。

子どもはじっとは待っていてはくれません。

グズグズも言います。

 

でも、小さな子の少々の泣き声やぐずっているのを周りの人も理解してくれます。

もし、何か言われたことがあったお母さんがいたら、それはつらかったと思います。

お母さんは悪くありませんよ。

 

子供と遊ぶおもちゃに方法

スマホの代わりになるものを見つけてあげてください。

 

部屋で遊ぶなら、絵本やおもちゃ、積み木にパズル、と探せばいろいろあります。

外出先でなら、お気に入りのおもちゃを持って出かけるといいですね。

画用紙と書くもの(クレヨン)で、好きなだけお絵かきをさせてあげてもいいと思います。

 

おすすめのおもちゃ

家で、お父さんが久しぶりに子どもさんと2人で遊ぶことになったり、またはおばあちゃんなどに子守を頼むときにでも、おもちゃを使いますね。

 

一人遊びでも、お気に入りのおもちゃがあれば、しばらく自由に遊んでくれたりもします。

 

女の子ならおままごとセット、お人形、

男の子なら車のおもちゃ(トミカ)やロボットとかが飽きが来ず、おすすめかと思います。

あと、レゴブロックは小さな子どもさん用のものもありますので、長い間遊べるのではないでしょうか。

 

▼折り紙もおすすめですよ。

www.micchan-mama.work

 

子どもさんが飽きてきたら、ベビーカーででも外に出てみましょう

小さい子は、外に出るだけでも新鮮です。

ちょっと散歩がてらにブラブラしてみるとか、公園へ連れて行ってあげると、しばらくは楽しい時間を過ごせます。

 

家でひとり遊びをさせる時

家にいる時に、子どもに好きなテレビやビデオを見せて、その間にお母さんが家事やご飯の支度をすることも多いかと思います。

 

私も娘が小さい時、「おかあさんといっしょ」やこどもチャレンジの「しまじろう」にはずいぶん助けられました。

 

でも、テレビを消して1人で自由に遊ばせることも大事です。

危険なものさえなければ、見守りつつ自由に遊ばせてみましょう

 

そうしたら、自然と考える力や想像力も養われます。

 

最後に

是非、子どもさんの視力を守るためにも、スマホはできるだけ我慢させてあげて欲しいです。

ちょっとの間だけなら仕方のない時もあるでしょう。

でも、子どもさんの手にスマホを渡して、一度自由に見てしまうと、必ず「また貸して。」と言われます。

だから、できるだけ小さい子にはスマホを渡さないで下さい。

 

それよりも、他のおもちゃや外に出ること、で子どもさんとの時間を大切にして欲しいと思います。