みつママ ライフ

ていねいな暮らしを心がけて、自分らしく楽しく生きたい

イクメンを勘違いしている?パパの育児参加?子育ては夫婦でするもの

最近では、子育てに積極的なお父さんも増えてきているようです。

入学式や卒業式だけでなく、参観や行事にもお父さんが参加されることも普通になってきましたね。

 

イクメンという言葉も普通になってきて、余計に悩んだりしていませんか?

子どもができたらどこまで関与したらいい?

自分ができることは何だろう?

 

あまり深く考えずに、子どもさんが小さいときから、家にいる時はそばにいて遊んであげてください。

 

また、小さい子どもさんは、お父さんを見ては泣く時期もあるかもしれませんが、ずっとではありませんので、安心してくださいね。

 

はじめての育児に何をどう関わったらいいか迷われているお父さん、

イクメンという言葉に惑わされずに、赤ちゃんとの過ごし方、育児で手伝えることをお話したいと思います。

 

 

イクメンを勘違いしている?

イクメン

イクメンとは?

今では普通となった「イクメン」という言葉。

子育てに積極的に関与する男性のことです。

または、これから育児に参加したいと願う男性のことも含まれるようです。

 

「イクメン」のはじまり

実はこの「イクメン」という言葉を広めたのは、

2010年当時の労働大臣が少子化打開策の一助として「イクメンという言葉を流行らせたい」と国会で発言し、男性の子育て参加や育児休業取得促進などを目的とした「イクメンプロジェクト」を始動させたのをきっかけに、同語は一気に浸透した。

引用元:コトバンクのサイトより

とあります。

実際に育児休暇を取得されるお父さんもいるそうですし、育児中のパパのブログも見かけます。

 

でも、イクメンという言葉が使われる前から、普通に育児に携わる男性は多くなってきていました。

今では、子育ては夫婦でするものは当たり前だと思うからです。

 

いつからパパも育児に参加するようになった?

昔は子どもを生んでも、両親や兄弟、またはおばあちゃん、おじいちゃんに親戚に・・・と周りで一緒に子育てをしてくれる環境にありました。

自分の兄弟も多いから、誰かは一緒に子どもを見てくれる。

だからこそ、たくさんの子どもを生むこともできたのです。

 

でも、段々と生む子どもの人数も減り、自分の兄弟も少なくなってきました。

両親も(母親も)仕事で忙しい、子育てを手伝ってくれる人が少ないという状況になっているのです。

そうなると、頼りになるのは旦那さん、になりますね。

 

パパがどこまで育児に参加する?

パパの育児参加

まだまだ、育児休暇がとれる会社は少ないかもしれません。

そして、育児休暇がとれるけど、本当にとったほうがいいのかどうか?もあります。

奥さんにしてみたら、仕事をしっかりしてもらうほうがいい場合もあります。

 

それでも、子どもが生まれても夜中まで帰れない、休みが取れない、というパパは、対策を考えてみてもいいかもしれませんね。

会社に要望を出しても良いのではないでしょうか。

 

「育児を手伝う」という理由以外にも、せっかくの自分のかわいい赤ちゃんを育てる機会、味わってみたいと思いませんか?

大きくなるのはあっという間ですよー(^o^)

 

そして育児休暇を取らなくても、パパが手伝えることはいろいろあります。

 

パパが手伝えること

赤ちゃんの時はパパがお風呂に入れてあげるところが多いです。

そして、たまにはママにゆっくりお風呂くらい入ってもらいたいですね。

 

オムツ替えをしてくれるだけでもママは助かります。

 

仕事が休みの日は、ママの代わりに家事も手伝ってあげて欲しいです。

お風呂掃除や、食器洗いくらいはできるでしょう。

 

そうやって赤ちゃんのうちは、夫婦で一緒に協力しあって楽しみながら子育てして欲しいです。

  

子育ては夫婦でするもの

子育ては夫婦でするもの

私は子どもが10ヶ月の頃に公園に連れて行くようになりました。

公園デビューです。

最初はひなたぼっこをしたり、一緒にブランコに乗ったりするくらいです。

そのうち歩くようになってきたら、もっといろいろ楽しめるようになります。

 

はじめてのお友達ができる

毎日同じ時間、午前中に行くことで、顔なじみのママとその子どもさんとお友達になりました。

そして、だんだんと子どもは子ども同士で遊ぶようになり、ママたちはそばでおしゃべりを楽しめます。

私にとっても楽しい時間で、子育ての悩みを相談できたり、情報交換しあったりできる貴重な時間でした。

 

パパにも子どもの外の顔を見て欲しい

パパが休みの時はパパが子どもさんを是非、公園に連れて行ってあげて下さい。

ちょっとの間でも、ママが1人になれる時間を作ってあげて欲しいです。

また、子どもさんが外で遊ぶ様子も見れますしね。

 

夫婦でお互いを思いやる

育児は、夫婦でするもの。

だから、ご主人が手伝う、と言う言い方は正しくないかもしれません。

でも、毎日仕事に行くお父さんは、家族のために働いてくれている。

奥さんもそれはわかっているから、家で子育てを頑張っているんです。

仕事で疲れて帰ってきても、奥さんも子育てで疲れている。

お互いにお互いを思いやる気持ちが大事だと思います。

そして、赤ちゃんをかわいがって育ててあげて下さい。

  

最後に

哺乳瓶で授乳している父親のイラスト

初めての子育てに、パパがどうやって関わったらいいかを、お話しました。

お風呂を入れてあげて、おむつも替えてあげて下さい。

たまには、家事も手伝ってあげて欲しいです。

お休みの日は、遊んであげて下さい。

 

お仕事も忙しい、家に帰ったらかわいいい赤ちゃんに会えるのはうれしいけど、夜泣きや大変なこともあります。

でも、その大変なこともずっと続くわけではありません。

そして、赤ちゃんの時期もあっという間です。

夫婦で、大事な時間を過ごして欲しいと思います。

 

そして、赤ちゃんの時期にどうしてかパパに懐かない時が続くこともあります。

そんな時は焦らず、子どもさんのそばにそっといること、ママを手伝うことから始めてみてください。

 

我が家もそんな時期がありました。

でも、ずっとじゃありません。

いつの間にか、パパが大好きになりますよ。

  

育児って思うようにいかなくて当然です。

私も育児書や雑誌を読みあさりましたが、その通りにいかないことだらけでした。

でも、こうして今があります。

 

だからママもパパも頑張って、子育てを楽しんで下さい。