みっちゃん流 子育ての記録

2人の娘を無事に成人させたママの頑張らない子育てのススメ

赤ちゃんを育てるママの悩み【睡眠不足】寝不足を解消したい!

こんにちは。

 

世の中で毎日、たくさんの赤ちゃんが生まれています。

そして、それは赤ちゃんを育てるママも毎日誕生しているってこと。

「出産おめでとう、ママ。ようこそ、ママ。」

そう、赤ちゃんが生まれた日は、ママの子育てが始まる日です。

 

 

ママの悩み

睡眠不足

待望の赤ちゃんを迎えて、「この子のために頑張ろう。」とみんな思うでしょう。

そして、最初の難関はやはり「睡眠不足」ですね。

 

授乳

赤ちゃんの授乳は3時間ごとと昔からずっと言われていることですが、だいたいそれくらいの時間でお腹が空き泣き出す赤ちゃんが多いということです。

規則正しく3時間毎に授乳をするとしても、ママは3時間しか寝れない、ということになりますね。

1日2日ならまだしも、それがしばらく何ヶ月も続くのですから、だんだんストレスが溜まるのも当たり前です。

「パパは仕事があるし、授乳はママしかできないし、どうすればいいの?」

 

協力してもらおう

パパが休みの日に、お昼間に赤ちゃんを見てもらいましょう。

その時だけ、ミルクにして飲ませてあげてもらって、ママはしっかり普段の寝不足を解消するのはどうでしょう?

1週間に1度、たっぷり寝れるだけでもぜんぜん違うのではないでしょうか。

そして、パパにも是非赤ちゃんを育てる体験を味わってほしいのです。

www.micchan-mama.work

 

また、ママのお母さんがそばに住んでいるなら、お母さんに来てもらって赤ちゃんを見てもらったり、家事を助けてもらってはどうでしょう。

 

ママの中には、「自分が赤ちゃんを育てないと。」「自分がしっかりしないと。」と思う方もいるでしょう。

でも、体も心もぼろぼろになってしまっては、育児どころではありません。

家事は少々手を抜いても大丈夫。

少しの時間があれママも横になったり、休むようにしましょう。

 

赤ちゃんとママの睡眠

ベビーベッド

赤ちゃんが生まれたらベビーベッドを用意されるお宅が多いかと思います。

赤ちゃんを寝かせるベッドですが、動き出せるくらいに育った子どもも、ママが家事や用事をする時にベッドに入れてあげておくと安心です。

 

でも、抱っこしているうちに寝てくれたからと、そっとベッドに下ろした途端にギャー泣き。

よくある光景です。

我が家もそうでした。

無事に寝てくれたら、ティッシュ1枚取り出す音にもヒヤヒヤしながら、そ~っと過ごしていたものです。

 

添い寝

そして私は、夜は赤ちゃんの時から添い寝をしていました。

やはり、その方が夜中の授乳が楽だったからです。

布団で寝ていましたが、隣で寝ている娘が泣いたらすぐに授乳をしていました。

 

母乳とミルク

1人目の娘の時は、私もきっちりしていました。

「ミルクの方が飲む量がわかるし、たっぷり飲んだらぐっすり寝てくれる。」と聞いたらそのとおりに実行して、それでもすぐに欲しがったら、さっきあれだけ飲んだからもう飲ませられない、と我慢させたり。

夜中に眠い目をこすりながら、哺乳瓶を消毒しては次のミルクの準備をしたりしていました。

そうしていると、早いうちに母乳はあんまり出なくなってしまいました。

 

それが2人目の娘の時は、もう何でも自分流でしたね。

とにかく泣いたら時間を気にせず母乳をあげていました。

 そして、まるまる太ってしまいましたが・・・。▼

www.micchan-mama.work

 

夜中も娘が首がすわったら、私も寝たまま横を向いて、娘を腕に抱いて母乳をあげていましたね。

そのままの格好で私も寝てしまったり、ゲップもさせずに娘もそのまま寝入ったりしていました。

(真似しないほうがいいかも?)

 

でも、いつでも母乳をあげていたので、長い間母乳が出ていました。

ご主人がお医者さんのママ友が教えてくれました。

「母乳が出ているなら、できるだけ長い間母乳をあげたほうが良い。離乳食はあせらなくて大丈夫。」

母乳は栄養満点なのです。

 

そして、当時主人は夜勤の仕事をしていたので。夜も私と娘たちで過ごすことも多かったのです。

寝るときも、長女とまだ赤ちゃんの次女を両隣に寝かせて私は寝ていました。

泣いている2人の娘を、片方ずつの腕で2人の娘を揺すってあやしながら朦朧としていた記憶があります。

 

それでも、こうやってたくましく娘たちは成長しました。

 

今、赤ちゃんを育てているママ

睡眠不足、つらいですよね。よく分かります。

夜泣きされるのも、つらいですよね。

でも、ずっと続きません。

「今だけ。」です。

必ずちゃんと子どもさんもママもしっかり寝れる日が来ますからね。