みっちゃん流 子育ての記録

2人の娘を無事に成人させたママの頑張らない子育てのススメ

子どもが生まれたら子ども用の貯金をしよう。おすすめの貯め方

子どもの将来にかかる費用、早くから少しずつ準備しておきたいですよね。

今は小さい頃から、習い事や塾などでも出費が多いかもしれません。

でも、やはり1番お金が出ていく時は、大学に進学する時ではないでしょうか?

 

 

子ども用の貯金のすすめ

赤ちゃんが生まれて少ししたら、学資保険に入られるところが多いのではないでしょうか。

 

学資保険

我が家では子どもたちが生まれたら、2人とも郵便局(ゆうちょ)の学資保険に入りました。

詳しくは育英年金付学資保険という名称でした。

18才満期で100万円+配当金のものでした。

医療保険もこの学資保険で付くので安心でした。

 

当時は郵便局の学資保険に入られる方が多かったですが、今はいろいろな企業で学資保険を扱っていますよね。

 

1番人気の学資保険

ソニー保険や明治安田生命、日本生命などの保険会社の学資保険、JAこども共済でも学資保険があります。

今、1番人気はソニー保険の「学資保険スクエア」です。

その理由は、返戻率が高いことです。

返戻率とは、支払った金額に対して受け取る金額の割合を表したものです。

また、ライフプランナーと面談したことで満足も得られ、口コミでも人気のようです。

 

まずは他のところと比較して、そのご家庭にあった学資保険を選びましょう。

妊娠中の時間がある時に、先に調べておくのがおすすめです。

 

ただ子ども用のまとまったお金を用意しておくのは学資保険だけではなく、普通預金でも子ども用のお金を貯めていくことをおすすめします。

 

普通預金

私はすぐにゆうちょ(郵便局)に子どもの名義で口座を作りました。

まず、出産祝いを内祝いで使った残りをその口座に貯金しました。

その後、子どもたちが頂いたいろいろなお祝やお年玉をこつこつ貯金していきました。

 

余裕があれば、毎月5000円でも10000円でも口座に入金できればいいですね。

 

ある程度の金額まで貯まったら(50万円以上)、利率の良かった定額貯金に入れることにしました。

もちろんそれからも、普通預金の方も少しずつでも貯めていきました。

 

郵便局の学資保険は丁度18歳で満期になるので、進学費用に当てれましたし、口座に貯めていた貯金も使えました。

 

その後、その口座の通帳は子どもたちにそれぞれ渡して、自分たちで管理できるようにしています。

 

子どもが生まれたら、早くから子ども用の口座を作るのはおすすめです。

子ども用の貯金をコツコツ貯めていきましょう。

ある程度まとまったら、その時に良い利率の定期預金に預けましょう。

もちろんその後も普通預金には少しずつでも入れていきます。

 

ただ、これだけで大学の費用が賄えるわけではありません。

もっと用意しておきたい人は、毎月の積み立てを増やすことです。

 

それ以外の積み立ては?

子ども用に月々の積み立てをしても余裕のある家庭は良いですが、子どもが2人以上いたり、そこまで貯金をする余裕がないのに、日々の生活を窮してまで積み立てする必要があるのかな?とも思います。

 

子ども用以外にも自分たち夫婦のお金や、家やマンションを購入する資金を貯めたいご家庭もあると思うのです。

 

レジャーや旅行を我慢して、楽しみをなくしてしまうのもどうかと思うので、無理のない程度で子ども貯金を始めてみてはどうでしょうか。

 

奨学金

今では大学生の半分が奨学金を借りています。

奨学金は借金という感覚を忘れず、将来自分が働いて返していかないといけません。

それでも、大学資金が足りなければ、奨学金を借りることも考慮に入れてみてもいいのではないでしょうか。

 

仕事を始めて家から通勤するのであれば、ある程度まとまった金額も返済していけると思います。

 

奨学金を借りていなれけば、家にお金を入れる社会人も多いです。

親はそうやって預かったお金を結婚資金などに貯めておいてくれるのですが、貯めずに普通に家計として使う家庭もあるのです。

 

そう思ったら、大学を卒業して就職したら、早めに奨学金を返すことを目標にしましょう。

 

最後に

私の考えですが、

今は、学歴に関係なく、自由な働き方ができる時代です。

大学に進学せずに、高校を卒業して就職するのも良いと思いますし、自分の可能性を信じて世界へ羽ばたくのもいいのではないでしょうか。

子ども自身が決めて歩んでいく道を応援できる母親でありたいなと思います。

もう、私の2人の娘たちは成人しましたが、今後どんな人生を歩むにしても、いつでも味方でありたいと思います。

 

今から子どもさんを産んで育てられるママ、その時まで子ども用の貯金をしておいてあげればきっと何かの役には立つでしょう。