みっちゃん流 子育ての記録

2人の娘を無事に成人させたママの頑張らない子育てのススメ

本好きの子どもに育てたい【生きる力】を養うためには実体験も必要

本を読むのが好きですか?

 

子どもさんを本好きに育てたいですか?

本好きの子どもに育てたい

 

 

私が本好き

私は子どもの時から本を読むのが好きでした。

と言っても、難しい本はこの年になっても苦手です。

私が本好きになったのは、母親の影響だったと思います。

 

だから、私も自分の子どもが小さいときから、絵本を買っては読んであげたりしていました。

 

幼児と絵本

まだ幼い子は、大好きなお母さんがそばで絵本を読んでくれることで安心できるのです。

わかりやすい絵本「いないいないばあ。」などはおすすめですね。

私は、他にも色がカラフルできれいなミッフィーの絵本も子どもと一緒によく見ました。

 

そのうち、だんだんと1人でも絵本を開くようになってきます。

 

まだ、1歳では簡単な内容しかわかりませんが、お気に入りの絵本を何度も開きます。

ママにも何度も同じ絵本を読んでとねだってくるでしょう。

それが普通です。

 

1つにはその絵本が大のお気に入り、ということ、

もう1つは、大好きなママが読んでくれる嬉しさ

です。

 

そして、少しずつ絵本の中の言葉がわかり始めて、その中のモノや動物などを知っていきます。

 

そのうち、いろいろな絵本に興味を持つでしょう。

 

娘の思い出

長女は次女が生まれて赤ちゃんの時、私が家事をしている間に次女が泣き出すと、そばに座って絵本を読みはじめました。

私はその様子をそっと見ていたのですが、何とも微笑ましかったです。

その光景は20年たった今でも、私の脳裏に焼き付いています。

 

寝る前の本読み

また、私は子どもたちが幼稚園の時から、寝る前に1冊好きな本を読んであげていました。

本を読んだら寝る時間、と決めたのです。

もちろん、すぐに寝てくれない時もありましたし、「もう1冊読んで。」とせがまれて、たまには何冊か読んであげたりもしました。

 

図書館通い

もう少し大きくなって、字も読めるようになったら、今度は図書館に通い出しました。

2週間借りれたので、2週間毎に借りに行って、私は自分の読みたい本を、子どもたちはそれぞれ自分の読みたい本を何冊か借りました。

 

図書館にはたくさんの本があるので、娘たちはどの本を借りようかいつも迷っていました。

でも、そうやって本を選ぶこと、どの本を読むか悩むことも、1つの成長につながると思います。

 

図書館には、紙芝居もあったので、紙芝居を借りて帰って家で読んであげたりもしました。

 

青い鳥文庫

青い鳥文庫を知っていますか?

 

講談社が出版している児童文学です。

ジャンルもファンタジー、ミステリー、ノンフィクションから日本や海外の名作までといろいろあります。

宮部みゆきさんや上橋菜穂子さんなど、私も好きな作家さんの作品もあり、大人が読んでも面白い本も多いです。

 

小学生から読むのに丁度いい、おすすめの文庫本です。

娘たちも小学生の時には青い鳥文庫が好きで、図書館でもよく借りていましたし、自分の好きなシリーズ物を買って読むようにもなりました。

 

もし青い鳥文庫を知らなかった方は、一度お子さんと一緒に読んでみてはいかがでしょう。

 

本好きの子どもに

長女もその青い鳥文庫のシリーズ物を好んで読みましたし、次女にいたってはすっかり本が好きになり、小学生の高学年になると、クリスマスのプレゼントに文庫本を欲しがるようにまでになりました。

 

赤川次郎さんにもはまっていましたね。(^ν^)

 

本が与えてくれるもの

大人になってから本好きになる方もいるでしょうが、小さな頃から絵本になじんでいると、自然と本が好きになると思います。

そして、本から得られる影響は多いです。

子どもはまだまだ知らないことがたくさんです。

 

それを、本から知る楽しさが味わえて、どんどん知識としても吸収されていきます

自然と言葉も覚えられて、本の中の登場人物の感情も体感できるようになっていくでしょう。

 

実体験も大事

そして、本を読むばかりでなく実際に体験させてあげることも大事です。

難しいことはありません。

  • 公園で遊ばせてあげる。
  • 動物園に連れて行ってあげる。(初めて見る動物には大興奮!)
  • おじいちゃん、おばあちゃんと会う
  • ボール遊びをする。

など。

 

本を読んで仮想体験することと、リアルな体験をすること、両方を体験することで、より知性や感性が磨かれます。

将来、役に立つ生きる力にもなっていきます。

 

最後に

もちろん、子どもさんの中には本以外の他のことに夢中になることもあります。 

それはそれで、素晴らしいことです。

子どもさんが興味を持っていることを大事にしてあげてください。