みつママ ライフ

ていねいな暮らしを心がけて、自分らしく楽しく生きたい

初めてのお年玉の金額はいくらがいい?硬貨(小銭)で大丈夫!

 あまり小さい子に、お年玉は必要ないかと思いますが、お金で物を買えるということがわかってきた頃からあげたらいいと思います。

それでも、本当は幼稚園に入るくらいまではあげなくてもいいとも思います。

が、おじいちゃん、おばあちゃんにしたらやっぱり早くあげたいのかもしれませんね。

 

もしあげるのなら、どのくらいの金額をあげたらいいんだろう?

と迷われる方もいるかも知れません。 

 

そんな子どもにあげる初めてのお年玉について、お話したいと思います。

 

  

初めてのお年玉の金額はいくらがいい?

f:id:mitsu5858:20191227140703j:image

お年玉を初めてあげる年齢は幼稚園に入るくらいでいいと思いますが、ご家庭の判断もあるでしょう。

お正月に集まって、兄弟や親戚の子がもらっていたら、自分の子も欲しくもなるでしょうから、いつからあげるかは状況によると思います。

 

そして、両親から自分の子どもへのお年玉ですが、あげてもあげなくてもどちらでもいいと思います。

  

ただ最近は、近くにおじいちゃん、おばあちゃんがいない、身内も少ないから、お正月に会う機会がないというご家庭も多いかもしれません。

ですから、両親からお年玉をあげることも増えてきているかもしれませんね。

では、いくらあげましょう?

 

硬貨(小銭)で大丈夫!

初めてあげるお年玉に、お札は必要ありません。

種類の違う硬貨を全部そろえて6枚、かわいいお年玉袋に入れてあげて下さい。

 

1円玉、5円玉、10円玉、50円玉、100円玉、500円玉で6枚、合計666円です。

お金にはこれだけの種類がある(硬貨ですが)ということも教えてあげられると思います。

 

私の初めての子どもにもそうしました。

まだ親(私たち)があげるのは早いと思い、母に頼んで、その金額をお年玉に入れてもらいました。

そのあと、どうしたか、までは覚えていませんが、この金額でも充分だと思います。

 

まとめ

初めてのお年玉に全種類の硬貨を入れるのはどうですか?というお話でした。

年齢によったら、一緒にスーパーに行って買い物をする時に、その硬貨でお菓子を買うということもいいと思います。

 

どうぞ良いお正月をお迎えください。