みつママ ライフ

ていねいな暮らしを心がけて、自分らしく楽しく生きたい

回覧板を回すのにルールはある?至急の時には注意しよう

今の家に住んで、もう20年です。

分譲住宅ですが、それと同時に町会に入ることになりました。

班長が順番に回ってきます。

 

でも、こちらの町会は役員の方はいろいろと忙しそうですが、普通の家庭ではそれほど大変なこともありません。

昔は、子ども向けの行事にもいろいろ参加させてももらったし、成人したときにはお祝いも頂きました。

 

そんな案内が回ってくるのも、回覧板ですね。

 

今では、班長以外では、特にすることもありません。

この回覧板を回すだけです。

 

回覧板の回し方は地域によったりで違うでしょうが、私の班ではとくに困ったことも起きていません。

 

どんな風に回覧板を回しているか、書いてみます。

 

  

回覧板を回すのにルールはある?

回覧板のイラスト

回覧板は、普通は郵便ポストに入れて回します

だいたいの方が遅くても翌日には回してくれています。

たまに、回し忘れてどこかで止まっていることがあると、班長さんが聞いて回っています。

 

旅行で不在の時は仕方がないですが、回覧板が回ってきているのを確認したら、できるだけ早くに回してあげましょう。

(そんなにきっちり読まないといけない案内は少ないように思います。)

 

もし、長期の旅行で留守にする時は、となりのお宅に伝えておいて、飛ばしてもらって次の人に回してもらっていいと思います。

大事な案内のときだけ、あとから教えてもらうといいですよね。

(それくらいのご近所づきあいは大事ですね。)

 

回覧板を見たチェックは、ハンコかサインです。

(こちらでは)日付はいりません。

たまに、何も押さないで回す人もいます。

(あえて注意もされませんが、本当はきちんとサインするかハンコを押すのは基本です。)

 

そして、この班の中でも、回覧板は回さず飛ばしてくれていい、と言われているお宅もあります。

一人暮らしの男性、お二人です。

お二人ともちゃんと町会費は払われていますが、回覧板を回すのだけをやめています。

ただ、大事な案内が入っていたときだけ回すか、その用紙が余分にあればポストに入れておきます。

 

これについては、町会長さんも承諾されているので、特に問題にもなっていません。



回覧板を至急で回すのはどんな時?

回覧のイラスト(タイトル文字)

回覧板の中身によっては、至急、回さないといけないこともあります。

ご不幸があった場合には、告別式の日程や場所の連絡が記載された案内が回ってきます。

その時は、できればその日のうちに案内をしたほうがいいです。

 

1番いいのは、班長さんが1件1件回って、回覧板を見せながら回していく方法です。

その時点でお留守のお宅だけ、ポストで回してもらうかにした方がいいですね。

 

寄付や募金を集める時は?

赤い羽根募金などの回覧も回ってくるときがあります。

お金(小銭)を折れる袋も付いていますが、こういう時は、ポストで回ってくることが多いです。

早く回したいですが、お金が入っているので、次の人に回す時は、夜に入れずに朝にポストに入れたほうがいいでしょうね。

 

私の町会では、年に2回のお祭りの寄付も集めに来られます。

1回500円ですが、これは班長さんが集金に来られます。

 

班長が回ってきたら?

できれば班長はしたくありませんが、順番ですし、1年間は班長を務めます。

(期間は地域によっていろいろ)

 

でも、私のところはそれほど大変さはないように思います。

年に1~2回の会合と、町会費と寄付金の集金くらいです。

他のことは、役員の方がしてくださっています。

 

最近では、お仕事をされているお母さんも多いですし、あまり負担になることもなさそうです。

これも、地域によるでしょうが・・・。

 

私の子どもたちが小さかった頃は、子ども会があり、いろいろな楽しい行事や集まりもあったのですが、最近はそういうのもなくなっているようですね。

 

昔から長く住んでいる地域の方々が役員になって、いろいろとしていただいているので、安心して暮らせていると感じることもあります。

いざというときには、頼りにさせてもらうかもしれませんしね。

 

 

最後に

世間話をする女性のイラスト

回覧板について書いてみました。

私の町会での方法なので、他の地域とは違うこともあるでしょうが、早めに回すのは基本だと思います。

そして、そこに長く住むのでしたら、ご近所さんともうまくお付き合いしたいですね。

必要以上の関わりはいらないと思いますが、気持ちよく挨拶をして、何かあった時には助け合いができる環境がいいです。

 

困った時はおたがい様

 

そう言えるくらいのお付き合いは大事だと思います。

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村