みつママ ライフ

ていねいな暮らしを心がけて、自分らしく楽しく生きたい

子どもの手伝いが邪魔?何才からできる?メリットに大事なポイント

自分の子どもさんに積極的にお手伝いをさせていますか?

 

知り合いのお母さんが言っていました。

子どもがお菓子を一緒に作りたがっても、邪魔だからとさせなかった。
今、思えば、そんな時間はあっという間なのに、一緒に作ればよかった。

 

あとから思えば、子どもが小さい時間は数年、です。

すすんでしたがるお手伝いも、させておきたいお手伝いも、小さい頃からさせておきたいですね。

お手伝いをすることで得られるメリットもあります。

 

では、子どもにお手伝いは何才からできる?

私が、自分の子どもたちにさせてきてよかったと思うお手伝いをあげてみます。

 

 

子どもの手伝いが邪魔?何才からできる?

f:id:mitsu5858:20200208111134j:image

早かったら、幼稚園に入る3才ころからできることはあります。

  • 洗濯物をたたむ
  • 掃除をする
  • 食器の洗い物をする
  • 料理の手伝い

などです。

 

お手伝いをしてもらうためには、まず教えてあげないといけませんね。

それが面倒で、自分がやったほうが早いんだけど・・・

と子どもに手伝いをさせたくない気持ちもわかります。

でも、そこはグッと我慢して、最初は一緒に洗濯物をたたんだり、掃除をしたりしましょう。

 

お風呂掃除を子どもさんにさせるご家庭は多いです。

細かいところは保護者の方がすればいいですが、子どもたちの手伝いの日課にしてしまうといいと思います。

 

料理は、1人では難しいので、一緒にしてあげましょうね。

洗い物は、背が届く台があるとできます。

わが家でも、洗い物の食器の数が少ない時だけ、たまにしてもらっていました。

 

幼稚園に行きはじめると、週末には上履き、下履きを子どもさんに自分で洗わせましょう。

 

お手伝いによるメリット

達成感から自立

一つのことをできるようになると、小さな子でも「やればできる」という達成感が味わえます。

もちろん、できることが増えてくると、将来に自立する時にも役立ちますね。

 

責任感を持つ

任されているという責任感も出てくるでしょう。

やってもらう度に、ありがとうとお礼や感謝の気持を伝えることも大事です。

 

工夫する力・考える力がつく

何度も同じお手伝いをすることで、工夫する力も出てきます。

「もっとこうやったほうがいいかな。」と考えながら、より効率的にできるようになるかもしれません。

そうやって、小さい時にお手伝いをさせてあげると、保護者の方が仕事に出るようになっても、自分のことは自然と自分でできるようになります。

 

当たり前にさせたい家事や掃除

お風呂掃除のイラスト

ご両親が共働きなら、子どもさんが小学生にもなると、兄弟なら家事を分担する家庭もあります。

  • 学校に行く前に洗濯物を干す
  • 学校から帰ってきたら洗濯物を取り込む
  • お風呂掃除
  • 朝食の食器の洗い物

 

ちょっとした家事も、子どもが慣れてやってくれると、助かるものです。

 

お手伝いをしてもらう時の大事なポイント

子どもさんが小さい時は、簡単なお手伝いも時間がかかるかもしれません。

あせらず、待ってあげましょう。

子どものすることを待つ、ということは大事なことです。

 

そして、手伝ってもらったら、上手くできてなくても、怒らずにほめてあげましょう

何度やっても上手くできない時は、一緒に考えてあげてください。

 

最後に 

子どもの手伝い



私が、2人の娘を育てた経験から思う、子どもにさせたいお手伝いについてお話しました。

 

無理はせず、できそうなことから少しずつさせてみるといいと思います。

わが家でも、3歳ころからいろいろ手伝ってもらうようにしていました。

そうすると、姉妹で協力して掃除をしてくれたこともあり、そんな思い出は大きくなっても親の心に残っているものです。

 

男の子を育てていたお母さんも、同じようにお手伝いをさせていました。

高校生になっても、洗濯物を取り込んだりたたんだりしてくれていたそうですよ。

 

大きくなってからさせようと思うと難しいお手伝い。

 

小さい時だからこそ、当たり前のようにお手伝いをしてもらって、自信をつけることにもつなげてあげて欲しいと思います。