みつママ ライフ

ていねいな暮らしを心がけて、自分らしく楽しく生きたい

口寂しい時のおつまみにおすすめは?煮干しは食べても安心なおやつ

おやつを食べるのが気になる時間に(夜とか) ちょっと口さみしい時、どうしますか?

私も、間食をよくしてしまいます。

最近、良いものに気づいて購入しました。

食べる煮干しです。

これなら、食べても罪悪感がありません。( ̄ー ̄)

 

おつまみなのにカルシウムも摂れて、意外においしいにぼし。

 

大人のおやつにおすすめの、食べる煮干しを紹介します。

 

 

口寂しい時のおつまみにおすすめは? 

f:id:mitsu5858:20200219101636j:image

きっぱりと間食をやめれたらいいのでしょうが、 なかなか意思が弱くて・・・。

ついつい、買ってしまっているお菓子に手が伸びていました。

そんな時に、チラシで目にしたのがたべるにぼし

 

これは、口さみしい時にぴったりではないか!と思い、購入しました。

 

煮干しは食べても安心なおやつ

f:id:mitsu5858:20200219101713j:image

煮干しと聞くと、 出しをとるイメージですね。

私も、出しをとるのに使ったことがありますし、そしてそのまま煮干しも一緒に食べたりもしていました。

でも、おやつに煮干しとは考えていなかったんですね。

 

たべるにぼしというのを見て、これはいいのでは?と。

 

煮干しの栄養と効果

まず、煮干しの栄養素で1番に思いつくのはカルシウムですよね。

かたくちいわしの煮干し100gにつき、カルシウムは1700~2900mgが含まれています

牛乳では100gに120mgです。

 

煮干しのカルシウムの量は牛乳の約20倍ですね。

 

カルシウムの効果と働き

カルシウムは、骨や歯を作ってくれるほか、出血時の血液凝固や筋肉の収縮運動などの働きもしてくれます

 

カルシウムは1日にどれくらい摂ったらいいの? 

日本人の食事摂取基準(2015年版)では、国民栄養調査の摂取量、腸管からの吸収率、骨代謝(骨吸収と骨形成のバランス)、尿中排泄を考慮し、1日の推奨量を18~29歳男性で800㎎、30~49歳男性で650㎎、50歳以上の男性で700㎎、18歳以上の女性で650㎎としています。

引用:健康長寿ネットより

 

毎日、煮干しを少しずつでも食べるだけで、自然とカルシウムも摂取できるのはうれしいですね。

 

煮干しの栄養はカルシウムだけではありません。

貧血予防にもなる、鉄分やビタミンB12も含まれています

 

タンパク質も100gあたり60~70ḡも入っています。

 

煮干しは1日にどれくらいの量を食べたらいいの?

煮干しをそのまま食べるなら、5cm以下の煮干しがおすすめです。

1日の食べる量の目安は約15gですが、それ以上食べても大丈夫です。

 

煮干しをおやつ代わりに食べていると、食べないよりもむしろ食べたくなってきますね。(≧∇≦)

 

ただし、塩分も含まれています。

100gあたり0,9~6.6g

気になる方は、袋に書かれているので、選ぶ時に見てみてください。

 

煮干しの食べ方に保存方法

f:id:mitsu5858:20200219101749j:image

私は、袋入の煮干しを買ってきて、ビンに移してテーブルに置いています。

一度にそれほど食べれませんが、ちょっと口さみしい時につまめます。

開封した袋のまま保存されるなら、口をしっかり閉めて冷蔵庫で保存します。

 

そして、煮干しの他の食べ方ですが、カリッと乾煎りしてもおいしいですね。

トースターでちょっと焼いてもいいです。

 

私は、サラダの上に煮干しを少しくずして振りかけて食べたりもします。

サラダにかけるのは、マヨネーズではなく、和風ドレッシングが合います。

私は、自分で作ります。

または、上質な油でもいいでしょう。

 

www.micchan-mama.work

 

おいしいし、栄養もあるからと、食べ過ぎたりしないようには気をつけましょう。

とくに慌てて食べずに、よく噛んで食べてくださいね。

 

おわりに

口さみしくて間食がやめれない時のおやつに、煮干しはおすすめですよ、という紹介でした。

とくに、夜に食べたくなってしまう方は、お酒のおつまみも煮干しにしませんか?

 

カルシウムも摂れるんですから、うれしいですね。

食べていても罪悪感もありません。(>ω<) 

 

わが家でも、私がたべるにぼしを買ってきたら、家族がはまってしまってポリポリと口にするようになりました。

また、買ってこなくては・・・。(^^ゞ

よければ、お試しください。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村