キッチンの流しにカバーと三角コーナーはいらない!排水口の掃除のコツ

私はキッチンの流しに三角コーナーを置きません
普段から、気になるところはコツコツ掃除して、汚れをためないようにしたいからです。

できたらやりたくない掃除場所、排水口もそのひとつかもしれませんね。
ちょっとお掃除をさぼると、臭いもきつくなるし、「もうやりたくな~い」となります。
だから面倒なことになる前にやってしまいたいです。

今では便利なグッズもありますからね、活用しながら排水口を掃除しましょう。
そんなに手間はかかりません。
いやな生ゴミのニオイもなくなります。

私がしている、キッチンの排水口のお掃除の方法をお伝えします。

三角コーナーと排水口のカバーはいらないよ。

キッチンの排水口のお掃除のコツ

f:id:mitsu5858:20201209095135j:plain

キッチンの流しに三角コーナーを作っていますか?
私は三角コーナーを作っていません
洗い物をしたら食べ物の残りかすなどが排水口に流れていくから、三角コーナーだけでゴミは取れないからです。

じゃあ、ごみはそのまま排水口に流れていくの?

排水口はカバーは外して浅めのゴミ受けに

f:id:mitsu5858:20201209095212j:plain

私はキッチンの排水口には、もともとついていたカバーは外して、100均の浅めのゴミ受けを設置しています。

この浅めのゴミ受けがある方が、毎回のお掃除はしやすいです。
ゴミ受けがないと、ついつい中のアミゴミにゴミがたまりがちになります。
アミカゴを掃除するほうが大変です。

設置していない方は、まずはカバーを外してゴミ受けを設置してみてください。
外したカバーはなくなさいように、保管しておきましょう。

ゴミ受けにたまったゴミは1日に1回は捨てるようにしましょう。

私は朝や夕食の洗い物が終わった時に、ビニール袋に入れて捨てています。

排水口を掃除する日を決めよう

f:id:mitsu5858:20201209095245j:plain

私は排水口の掃除をする曜日を決めています
燃えるゴミの日に合わせて、週に2回です。

ゴミ受けを外して、中のアミカゴと排水トラップも外します。
古くなった食器洗いのスポンジや、歯ブラシを使って掃除します。

それでも油汚れなど、なかなかとれない汚れもあります。

たまに重曹とお酢でしっかりお掃除

たまに重曹やクエン酸(お酢)で、お掃除をするといいでしょう。
重曹をたっぷりふりかけたら、その上からクエン酸やお酢をかけます
30分くらいそのままおいたら、お湯で流します。

熱湯を使ってはダメですよ。

熱湯のほうが汚れもよく落ちそう、と熱湯を流してはいけません
シンクや排水管が傷んだり、ゆがんでしまう原因となります。

40度くらいのお湯で流しましょう。

流しの水が流れない!詰まってしまった?

f:id:mitsu5858:20201209095323j:plain

わが家も一度ですが、流しの水が流れていかないことがありました。
油汚れがたまって、詰まってしまったのでしょう。

水が流れない状態では、パイプ用の洗剤は使えません。

その時に夫が作ってくれたのが、長い針金の先を曲げたものです。
これを排水口の奥まで突っ込み、何度も押したり引いたりしてみました。
そうしたら、数分後に無事に水が流れていきました。

それ以来たまにパイプクリーナーも使うようにしています。

まとめ

私が実践している、排水口のお掃除のコツをお伝えしました。
三角コーナーは置かずに、浅めのゴミ受けを設置しています。

排水口のお掃除の頻度を決めると、汚れがたまることもなく、大掃除の必要もありません。
キッチンは毎日に何度も使う場所なので、汚れやすいですね。

使うたびにきれいにするのが1番でしょうが、曜日を決めるだけでもきれいさは保てると思います。
私はゴミの日に合わせて、週に2回と決めています。

お掃除は大変だけど、毎日のコツコツが大事だね。
頑張ろう。

あわせて読みたい

www.micchan-mama.work

www.micchan-mama.work

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村